ニキビの種類と症状

home / ニキビの種類と症状

ニキビにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか?
種類によって症状もケアの仕方も異なるので、自分にはどのようなニキビが現れているのか把握しなければなりません。
では、どのような種類があるのか詳しく見ていきましょう。

白ニキビから黒ニキビへ

実際に鏡を見て確認せずともニキビのもとになる症状がお肌の中には現れているのです。
毛穴が次第に狭くなり始めるとともに、分泌された皮脂や汚れが詰まるでしょう。そして肉眼で確認できる「白ニキビ」が肌の表面に発生します。
白ニキビの特徴は、名前の通り、お肌に白い点が出来ます。

そのままつぶしてしまう人もいますが、絶対につぶさないでください。つぶしてしまうとその次の段階である「黒ニキビ」になってしまいます。
黒ニキビは、白ニキビが悪化して毛穴に詰まった汚れや皮脂が空気に触れ、酸化したニキビのことを指しています。
一目でニキビだと分かりますし、黒ニキビになると痕が残る可能性もあるでしょう。
できるだけ、白ニキビのうちに解消しておかなければなりません。

炎症を起こしたニキビ

白ニキビから黒ニキビ、そして炎症を起こしてしまうと“赤ニキビ”“黄ニキビ”になってしまいます。
赤ニキビは黒ニキビが赤く腫れあがり、アクネ菌が増殖し続けている途中です。
ニキビの部分だけでなく、ニキビの周囲も赤く腫れあがってしまうのでお肌の状態がさらに悪化するでしょう。

赤ニキビがさらに炎症すると“黄ニキビ”になります。
が皮膚の表面に現れ、些細な刺激を与えるだけで皮膚全体が炎症するでしょう。
赤ニキビ・黄ニキビになるとセルフケアだけでは手に負えないので、専門の皮膚科で治療することをオススメします。
治療を受けながら薬を塗り、適切なケアを行ってください。

また、正しい方法でニキビ治療をしなければクレーターと呼ばれる「ニキビ跡」が残ってしまうので要注意です。
ニキビ跡が残るとなかなか元通りのお肌には戻りませんのでできるだけ早めに治療しましょう。

page top