食生活&睡眠不足に要注意

home / 食生活&睡眠不足に要注意

顔に発生するニキビに悩んでいる人も多いでしょう。ニキビを治すためには“なぜニキビが出来てしまったのか”原因を突き止めなければなりません。
原因が分からなければ対処の仕様もないので自分のニキビはどこから来ているのか把握しましょう。
人によってさまざまな原因が挙げられますが「食生活&睡眠不足」も大きく関係しているので要チェックです。

栄養バランスの良い食生活

ニキビの原因は「食生活」の乱れにもあることを知っていますか?
油っこい食べ物やカロリーが高い物、ファストフードなど毎日食べていると脂肪が増え、お肌の健康に必要な成分が失われてしまいます。
例えば、タンパク質は皮膚や爪、毛髪を形成するために大切な成分です。
タンパク質がなくなると古いお肌が再生されず、免疫力も低下してしまうでしょう。

そして、お肌の潤いに欠かせないビタミンも不足します。ビタミンが不足するとお肌のターンオーバーが乱れてしまい、どんどん皮脂の量が増え、お肌が酸化するでしょう。
このように、ひとつの栄養素が欠けてしまうとお肌にとって不摂生な状態になってしまうので気をつけなければなりません。
できるだけ栄養バランスの良い食生活を心がけていきましょう。

お肌のターンオーバーが低下する睡眠不足

睡眠不足もニキビの原因として挙がっています。
最近、睡眠不足が続いている時にニキビが出てくることはありませんか?それは睡眠不足がニキビの発生と関係している証拠です。
古いお肌は寝ている間に新しいお肌へと再生しますが、そのことを“お肌のターンオーバー”と呼ばれています。

お肌のターンオーバーが活性化されるのは“夜10時~2時”のゴールデンタイムです。
その時間には必ず睡眠を取っておかなければなりません。また、睡眠不足は自律神経の乱れも引き起こす恐れがあるので注意してください。
自律神経が乱れると過剰なストレスが負担となり、皮脂の量がいつもより多く分泌されるでしょう。
十分な睡眠は心と体を休めるために大切なことなので毎日最低7時間は取っておきたいものですね。

page top