生理前になるとニキビが出来る理由

home / 生理前になるとニキビが出来る理由

「生理前になるとよくニキビができる…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。なぜ、生理前になるとニキビができるのか、その理由について説明します。
ニキビが出てくる原因を知れば、出る前に対策ができるでしょう。
生理前のニキビで悩んでいる女性は、ぜひチェックしてくださいね。

女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランス

生理前にニキビが出る理由は、女性ホルモンである「エストロゲン」「プロゲステロン」の関係性を把握しなければなりません。
生理周期は、基本的に28日周期になります。2つの女性ホルモンによって生理周期がコントロールされているのです。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも言われており、生理が始まる時期から排卵前までの間に分泌されるでしょう。
妊娠の準備期間でもあるので、常に体がリラックスしています。
お肌がキレイになるのもエストロゲンの分泌量が増えるこの時期です。

一方、プロゲステロンは黄体ホルモンでもあり、排卵が始まる時期から急激に増え始めます。
黄体ホルモンは、排卵後から生理が始まる前までに分泌されることが多く、分泌が増えると皮脂の量も増えるので注意しなければなりません。
黄体ホルモンが活性化する時期に、ニキビができやすくなるのです。

黄体ホルモンによるお肌への影響

黄体ホルモンの分泌が活性化している生理前は、皮脂の量が多くなっています。

皮脂の量だけでなく、お肌の中にある水分量も失ってしまうでしょう。
お肌にとって必要な水分がなくなってしまうと、毛穴を保護してくれるバリア機能が働きません。
さらに、ニキビができやすいお肌の環境になってしまいます。
毛穴にどんどん皮脂と汚れが詰まり、環境がさらに悪化するでしょう。

このように、生理前になるとニキビができやすい環境になるため、生理前になる1週間前から入念にお肌のケアをすることが大切なポイントになります。
自分の生理周期を把握し、ホルモンの分泌に合ったニキビケアをしてくださいね。

page top