乳酸菌・腸内環境とニキビの関係

home / 乳酸菌・腸内環境とニキビの関係

ニキビの原因は、“腸内環境”にもあります。
腸内環境が悪いと、ニキビやさまざまな肌トラブルが起きるでしょう。
なぜ腸内環境とニキビが影響しているのか、関係性について詳しく説明します。

腸内に老廃物や毒素が蓄積される“便秘”

食べ物から得た体のエネルギー源となる成分を吸収し、臓器の働きを活性化しています。それほど、はとても大切な臓器なのです。
しかし、必要な栄養素が得られず、腸内環境が悪化すれば大変なことになってしまうでしょう。

腸内には毒素老廃物が蓄積され、体の機能や新陳代謝も低下します。
排出すべき便も腸内にたまってしまうのです。腸内にたまればたまるほど、便秘が長く続いてしまうでしょう。
実は、ニキビになりやすい人は、ほとんどが便秘で悩まされています。

ニキビを解消しようと有効成分が含まれている化粧水・乳液を使用しても、便秘が解消されなければニキビは一向に改善できません。
ニキビで悩んでいる人は、まず、腸内環境を改善していかなければならないのです。

乳酸菌・食物繊維・水分を十分に補給する

腸内環境を改善すれば、腸内に蓄積されている老廃物や毒素が排出できるでしょう。そうすれば、ニキビができにくい体質になります。
腸内環境を改善するためには、栄養バランスが整った食生活を心がけることです。
便秘になっている腸内は悪玉菌がいっぱいたまっています。

そんな悪玉菌を排除するための“善玉菌”をたくさん生み出さなければなりません。
老廃物や毒素を排出してくれる「食物繊維」はもちろんのこと、「乳酸菌」を積極的に摂取してください。
乳酸菌はヨーグルト醗酵製品にたくさん含まれています。
乳酸菌は、腸内の中で善玉菌となり、悪玉菌を退治してくれるでしょう。
また、十分に水分を補給することも大切です。
人間はおよそ70%水分でできているように、人間には水分を補給しなければなりません。
水分をしっかり摂取すれば、血液の流れが良くなり、腸内環境も活性化するでしょう。

page top