ニキビ対策でやってはいけないこと

home / ニキビ対策でやってはいけないこと

ニキビ対策では、やっていけないことがあります。正しい対策をしなければニキビが余計増えてしまうので注意してくださいね。
今までニキビが改善できなかったのは、ニキビ対策が間違っているのかもしれません。
この機会に、正しいニキビ対策をしているかどうかチェックしてください。

スクラブ系はお肌を傷めてしまう

粗い粒でお肌の無駄な皮脂や汚れを取り除くことができる“スクラブ系”
お肌がスベスベでキレイになると言われていますが、敏感肌であるニキビ肌にとっては逆効果になってしまいます。
できるだけお肌を傷つけないようにしなければなりません。

スクラブはとても荒い粒でできているため、どうしてもお肌を傷つけてしまいます。
古い角質を取り除いてくれますが、ニキビ肌にとっては傷める要素がたくさんあるので絶対に使わないでくださいね。
古い角質を取り除きたいのなら、やさしい成分が含まれているニキビ専用の洗顔料を使いましょう。

絶対にニキビを潰さない・触らないこと

早くニキビを改善したいと、触ったり、潰したい人も多いでしょう。しかし、無駄に触ってしまうと手についたばい菌がニキビに入ってしまい、さらに悪化してしまいます。
ニキビにちょこっと触れただけで赤く腫れ上がることもあったと思います。そのままでは、再びニキビができてしまうので、絶対にニキビを触ったり、潰したりするようなことはしないでくださいね。
腫れが収まるまで地道にケアしていきましょう。

洗顔のしすぎはNG

ニキビ対策のために、頻繁に洗顔をする人もたくさんいます。
皮脂の量が多いので、洗顔しなければ毛穴にたくさん汚れが詰まってしまうと勘違いしている人が多いのです。
ニキビ肌は普通のお肌よりも皮脂の量が多いです。
しかし、お肌の角質を守るためにはある程度の皮脂も必要になります。そのため、洗顔のしすぎは、お肌の角質を守るための皮脂がなくなってしまいます。
洗顔はせめて1日2回にしてくださいね。

page top