ホルモンバランスの乱れが原因のニキビは?

home / ホルモンバランスの乱れが原因のニキビは?

女性にとって、もっともやっかいなものになるのが“ホルモンバランス”です。
ニキビができる原因は人によってさまざまですが、女性に多いのがホルモンバランスの乱れによるニキビなのです。ホルモンバランスの乱れとニキビの関係性、対策や改善方法について説明します。

プロゲステロンが多くなる時期に要注意

ホルモンバランスの乱れは、ほとんど“プロゲステロン”の分泌量が大きく関係しています。
女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があります。
エストロゲンは、お肌の状態を良くしてくれますが、プロゲステロンはお肌の乾燥を促し、ニキビができやすい肌環境にしてしまうのです。
プロゲステロンの量が増えてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ニキビを発生させないためには、できるだけプロゲステロンの分泌量を減らさなければなりません。
プロゲステロンが増える時期は、積極的にエストロゲンの働きに似た“大豆イソフラボン”を摂取すると良いでしょう。
大豆イソフラボンは、エストロゲンの働きを促す効果もあるので、ぜひ摂取してくださいね。

生理の周期によってスキンケアを変える

プロゲステロンの分泌量が増えるのは、生理前から排卵後です。
一方、エストロゲンの分泌量が増えるのは、生理が終わった後から排卵前になるでしょう。
それぞれの女性ホルモンの量が変わる時期によって、スキンケア方法も一緒に変えていってください。
生理の周期によってスキンケアを変更すれば、ホルモンバランスの乱れに強い肌環境がつくれるでしょう。

具体的に、お肌が安定している時期は、ニキビで古くなった角質を取り除くスキンケアにしてください。
ピーリングができる、比較的効果が強いものを使うと良いでしょう。
しかし、お肌の環境が悪くなっている、プロゲステロンの分泌量が増える時期は、お肌にやさしい成分が含まれている化粧水・乳液をつけます。
このように、お肌のお手入れを生理の周期で変えるのも大切なポイントです。

page top