ニキビケアに保湿が重要な理由

home / ニキビケアに保湿が重要な理由

ニキビケアには「保湿」が欠かせません。
なぜ保湿がニキビケアに欠かせないのでしょうか、その理由について詳しく説明します。
ニキビで悩んでいる人はぜひチェックしてください。

アクネ菌が増える原因になる乾燥肌

ニキビの菌であるアクネ菌はお肌が感想状態になればなるほど増殖する傾向が見られます。お肌の水分が失われれば毛穴を保護するためのバリア機能も低下するでしょう。
正常なお肌はバリア機能がきちんと活動しています。バリア機能のおかげで皮脂や汚れが毛穴に詰まることなく、無駄な皮脂はすべて自然と排出されるのです。
さらに、外部からやってくる汚れから守ってくれます。

乾燥肌になるとさまざまな菌が入りやすくなるのでニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルが起きるでしょう。
できるだけ乾燥を防ぐためにも常に保湿をしなければなりません。
保湿をきちんとしておけば、お肌のターンオーバーも活性化されるので毎日怠らないように気をつけてくださいね。
では、どうすればニキビケアの保湿ができるのでしょうか。

洗顔後→化粧水→保湿クリーム

理想的なニキビケアの保湿は、洗顔後、ニキビに効果的な成分が含まれている化粧水を塗り、その後に保湿クリームを塗ることです。
保湿クリームを塗ることでお肌に浸透させた成分の蒸発を防ぐことができます。
化粧水だけでニキビケアを済ませている人は、その上から保湿クリームできちんと蓋をしなければなりません。
そうしなければすぐに蒸発してしまい、お肌に吸収されず効果がまったくないので要注意です。
保湿クリームをきちんとお肌に塗り、しっかりニキビケアをしてくださいね。

洗顔後だけでなく、昼間でも乾燥しているな…と感じた時、すぐに塗れるよう化粧ポーチの中に忍ばせておきましょう。
ほんの少し気にするだけでも乾燥肌が改善され、スムーズにニキビが治せますよ。保湿クリームを上手に利用してニキビケアをしてくださいね。
購入する時は、できるだけやさしい成分が入っているクリームを選びましょう。

page top