ホルモンバランスの乱れ

home / ホルモンバランスの乱れ

女性にできるニキビの多くは“ホルモンバランスの乱れ”が影響しています。
ホルモンバランスの乱れがなぜニキビと関係あるのでしょうか。ニキビで悩んでいる女性は“ホルモンバランスの乱れ”についてしっかり把握しておきましょう。

2つの女性ホルモン

ホルモンバランスの乱れは2つの女性ホルモンの分泌量が乱れることを指しています。2つの女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)になります。

この2つのホルモンは生理周期によって分泌量に差があるので、自分の周期を把握しなければなりません。
人によっていつ生理がやってくるのか変わります。基本的に、生理後から排卵までエストロゲンの分泌量が増え、排卵から生理になるまでプロゲステロンが増加します。

お肌の調子が悪くなるのは、分泌を促してしまう“プロゲステロン”だと言われています。
エストロゲンはお肌にハリやツヤ・たるみを予防する力を持っていますが、プロゲステロンは逆効果になるので注意しなければなりません。
このように、女性ホルモンのバランスは2つの女性ホルモンが深く関係していることを知っておきましょう。

お肌のバリア機能を高める

ホルモンバランスの乱れからくるニキビを防ぐためには“お肌のバリア機能”を常に高めておく必要があります。お肌のバリア機能が低下するとニキビのもとになる汚れや皮脂が詰まりやすい状態になるでしょう。

しかし、常にバリア機能が整っていれば清潔なお肌の状態でいられます。お肌のバリア機能を高めるためには「洗顔」「保湿」が欠かせません。
皮脂の分泌量が多くても無駄な皮脂は取り除くことが大切です。そして、それぞれ2つのホルモンの分泌が盛んになる時期に分けてスキンケア方法を変えるのもひとつのポイントになります。
エストロゲンが増加する時期はピーリングが強めのスキンケアを行い、プロゲステロンが増加する時期はできるだけやさしい成分が含まれているスキンケア化粧品で使いましょう。

page top