ニキビが出来やすい人って?

home / ニキビが出来やすい人って?

ニキビが出来やすい人と出来にくい人の違いは何なのでしょうか?
もともと皮脂の分泌量が多いオイリー肌敏感肌の持ち主なら肌トラブルは日常茶飯事です。
しかし、ニキビは肌質だけでなく、生活習慣にも大きく関係しています。
ニキビが出来やすい人の生活習慣をチェックしていきましょう。

正しいスキンケア・洗顔をしない

ニキビが出来やすい人は正しいスキンケア・洗顔をしていない共通点が見られます。
洗顔フォームはできるだけお金がかからない安い商品を使ってはいませんか?
決して安いものが悪い、高いものが良いわけではありませんが、自分のお肌に合っていないスキンケアは使わないでください。
自分の肌質に合っているスキンケアを使い、洗顔後にはきちんと保湿クリームでお肌をカバーしましょう。

洗顔後に何もケアをしていない人ほどニキビが出来やすいと言われています。
洗顔後のお肌はスッピン状態で毛穴がそのまま外気にさらされているのでお肌を守るためのバリアを形成させなければなりません。
それが「化粧水」「保湿クリーム」の役割なのです。
化粧水はお肌に必要な成分を与えられますし、保湿クリームはお肌に行き渡った成分を密封してくれます。
保湿クリームを塗らなければ成分がそのまま蒸発してしまうので注意してくださいね。

睡眠不足・食生活の乱れ

ニキビが出来やすい人の特徴は「睡眠不足」「食生活の乱れ」も挙げられます。
お肌のターンオーバーを活性化させるためには欠かせない睡眠ですが、睡眠不足が続けば続くほどお肌にとっては悪い環境になりやすいのです。
ターンオーバーが活性化しないと古いお肌から新しいお肌へと生まれ変わりません。
また、睡眠をしっかり取りつつも、栄養バランスが整った食事を心がけることが大切です。

食生活の乱れはお肌に必要な栄養を体内に吸収できず、油っこい食べ物ばかり食べていると皮脂の分泌量も増えるでしょう。
基礎代謝も低下し、キレイなお肌が維持できません。
ニキビが出来やすい人はこのように、日々の生活が乱れている傾向が強いので気をつけてくださいね。

page top