ニキビの種類別のケア方法

home / ニキビの種類別のケア方法

ニキビの種類は白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビなどさまざまなニキビがあります。
それぞれ適切なケア方法があるのでしっかりチェックしましょう。
自分のお肌に発生しているニキビがどのような種類なのか、把握することが大切です。

正しい洗顔をすること

比較的、初期段階である「白ニキビ」ならセルフケアで治せるでしょう。
規則正しい生活を送ることはもちろんですが、正しい洗顔を毎日行うことが大切です。
洗顔を毎日行う人も多いでしょう。しかし、その方法が間違っていると逆効果になるので注意しなければなりません。
正しいやり方で洗顔を行うからこそ白ニキビの段階でニキビをやっつけることができます。
正しい洗顔方法はとても簡単なので誰でもできるでしょう。

まず、絶対にやってはいけないことが“ゴシゴシ顔をこすること”“何回も洗顔を行わないこと”です。
無駄な皮脂を取り除こうとゴシゴシこする人は多いですが、逆にお肌を傷つけてしまい、逆にニキビが悪化する危険性があるので注意してください。
できるだけやさしく、泡で無駄な皮脂や汚れを取り除くことが大切です。そして、朝・晩と2回の洗顔を心がけてください。
回数が多ければ多いほどお肌が清潔になると思いがちですが、決してそのようなことはありません。
適度な洗顔がお肌に良い状態をもたらしてくれるのです。

ニキビが炎症したら医療施設で治療を受ける

白ニキビや黒ニキビなど、セルフケアで治せる段階ならまだ良いですが、赤ニキビや黄ニキビと炎症したニキビだと限界があります。
医療施設で専門的な治療を行わなければどんどん悪化してしまうので気をつけてください。
自分で何とかケアをしたけれど悪化した場合、すぐに皮膚科を受診しましょう。

皮膚科で行う治療では炎症を抑える抗生物質を投与し炎症を沈め、古い角質を取り除くためのピーリングを専門機器で行います。
皮膚科によっても治療の方法は異なりますが、炎症を起こしたニキビは腫れを抑えなければなりません。
医療施設での治療と自宅で行うケアを同時に行うことで、クレーターになる前にニキビが治せます。
一度、近くの皮膚科に訪れてみてはいかがでしょうか。

page top